何も心配要らない南の島から一言


by dragon2anri

カテゴリ:未分類( 7 )

街がかぜをひいた。

ホノルルは、南の楽園から汚れた楽園に変わって
しまった気がする。
たった10年前を思い出してもこんなにひどくは
なかった。
げいいんは、ドラッグである。
アイスと巷で呼ばれている覚せい剤の一種が、爆発
的にホノルル市民に蔓延しているのだ。
日本でも団地の主婦まで覚せい剤を使用とか高校生
の間にまで浸透とか言って騒がれていたが、そのころ
俺の周りで覚せい剤を使用している奴はいなかったし
マスコミで騒がれるほどの問題ではなかったと思う。
しかし、ここは本当にひどい状態になってしまった。
それは、アイスを専用のパイプで吸うといった手軽さ
が、蔓延して言ったげいいんのひとつだと思う。
もし、注射器を使うのなら、それほどはやりはしない
なぜ、アイスの蔓延がこわいかというと、薬を買う為
かっぱらいや強盗が増えるといったことだけでなく。
このアイスは、脳をいかれさせてしまうのだ。

今日、タクシーに乗ったら、初めはおとなしかった
運転手が、しばらく待ってもらってる間にがまんが
できなくなったのだろう、ひとりでしゃべりだした
話しかけられてるのかと思ったら、フィリピン語
なのだ、そして、笑ったり、あいずちをうったり、
近くに誰かがいて、話しているようなのだ。
たしかに、アイスを使っていると突然、話し声
が聞こえるらしい、最初は名前を呼ばれるとかいった
だけなのが、会話ができるぐらいになる。
こういった奴が、この街には、たくさんいて、
アイスを使用している割合が10パーセントを
こえている。

タクシーの運転手が頭がおかしくなるのも客とし
ては、乗っていて、いつプッツンきて、暴走
し始めるかと思うと生きた心地がしない。
これが、ポリスでいきなり銃の乱射が始まったり
手術中の医者が、患者を切り刻んで殺してしまっ
たり、音楽の女教師がプッツンきて、生徒の前で
ストリップを始めたりといったぐあいに、まとも
な、暮らしさえも望めなくなってしまうだろう。

ドラッグの恐ろしさを目の前で繰り広げられ、
免疫ができていない、日本にターゲットがむけ
られたら、たいへんなことになる。
ハワイも同じ島国なので、そういった免疫は、
本土と比べて、少なかったのだろう。
だから、今のような状態になってしまったのだ
アイスを使用して、職を失った人もたくさんいて
そういった連中が、デパートで盗みを働きだし、
(驚愕の人生でもそういう人を紹介してるが)
デパートが、つぶれてしまったところがあるく
らいなのだ。

どうか、自分は、絶対平気と思ってる人も、
一度、真剣にドラッグについて考えてもらいたい。
[PR]
by dragon2anri | 2005-06-28 19:01

小泉首相にエールを

立ち直れないぐらい落ち込んでしまった。
なぜ?日本では考えられないアメリカならうなずける出来事でした。

彼女と俺は、友人と2部屋のアパートを半々で借りてます。
友人のところに2月前からラリーという嫌な
爺さん(ホームページで紹介済み)が
http://dragonanri.freewebpages.org
泊まりだし、毎日がブルーになってきていた。

1200ドルほど現金が入ってきて、月末も
近いし、楽勝と思っていたら、
ポリスが、駐車場の車は、東南届けがでている。と、やってきたので、そんなわけは無いと、表に出て説明している間に、消えてしまった。「やられた。」と思ってももうおそい
友人(そう思っていた)も共犯に違いない。

こういったことがおこるたびに思うのだが、
日本にいるときには、考えられないことが
平気で起こる。
どうしてだろう?
考えてみた。
他人に対して、傷つけたり、悲しんだりするのを、平気で見ていられるのだろう。
また、他人が、どう自分を見ようと関係ないと、割り切っていられるそれが、アメリカ人
こんな奴らと渡り合っていけるのか、俺たち
日本人は、、、日本の企業は、アメリカの
企業を製品のよさだとか安い価格で凌いできた様に見えていたし、いまでもがんばっている。しかし、会社規模でも同じことがおきた
バブルで乗りに乗った日本人はアメリカの不動産も買いあさって、やれ、ロックフェラービルを買ったとかそのうちアメリカは日本の
ものになると本気でいっていた連中がいた。
バブルがはじけて、高い金で買った、アメリカの不動産を半分にも満たない金額で手放さなくてはならなくなってしまった。
おまけに上げるだけ円を上げておいて、急落させたそこでも、アメリカ人は頭を抱えて
死ぬしかないと自殺者が急増した日本人を平気で笑ってみながら、日本はアメリカの第一の友人なんて、平気で言っているのだから、
日本政府が両手を上げて、何もかも無条件で
犬のように尾っぽを振ってうなずいているのも、今の俺は、責めることはできない。

それよりも、小泉首相にエールを送りたい
[PR]
by dragon2anri | 2005-06-21 17:28
日本で暮らしていた35年間を、振り返ってみると、いつも、勝ち進んで、失敗はしても
自分の力で、人にできるものは、なんでもできると信じていたし、人生で負けた覚えはなかった。
アメリカに移って、自分ではどうにもならなかったり、信じられないことが、頻繁におきて、落ち込み、負けることを知って、今振り返ると、日本にいたころの俺は、なんと、傲慢でいやな奴だったのかと、それはそれで、落ち込んでしまう。その頃、周りにいた方々
大変失礼な奴でした。ごめんなさい。

信じられないことが、昨日起きました。
今、住んでいる部屋は、ライアンとミゲール
というカップルと、一部屋ずつ1つのアパートを、つかっています。彼らが先にいて、後から俺たちが来たのですが、2ヶ月前から
ラリーというドラッグディーラーをライアンが、引っ張り込み、毎日が、それから、地獄に変わり、もうすぐ引越しを考えていたところ、昨日、ちょっとした間に、全財産が消え
うせてしまいました。
やったのは、俺たちを除く贅員みたいで、
あまりのショックに、アメリカ人すべてが
信じられなくなっています。
今日からどうしようか?
真っ暗、心の中が闇に変わってしまいました。

こんな気持ちは、日本にいたときは、一度も
味わったことがなく、でも暗い毎日を送っていた人もきっといたのだろうが、そんなことは、考えたこともなく、傲慢な態度で、人を
何度傷つけたか解らない。今、本当の意味で
落ち込む事もどういうものか解ったし、これは、この先どう生きていくか知らないけど
確かに生き方は変わっていくと思う。
傲慢さが、かっこいいと思ったこともあった
今はそう思えないけれどね。
まあ、この人生の先には、行き止まりでなく
何かがあってほしいものだ。
[PR]
by dragon2anri | 2005-06-20 03:59
いつごろまでだったろうか、今が一番楽しい時だと思っていられたのは、、、、、?!
30台の始めのころまでは、いつもそう思っていられた。
過去の自分と比較して、今ほどいいときはない、また、未来を思い描いて、
いろんなことを総合して、きっと今より楽しい時は来ないだろうと、思っていたものだ。
そう思うと、なんて、いい人生を歩いてきたのだろうと思うのだが、
すべて、過ぎ去ったかこのことで、現在を含めて、未来にそのころの自分より
いいときが来るとは思えないし、現在の自分は、そのころよりはるかにつまらない。

ときどき、もう生きてる価値がなくなったのかと、考えてしまう。
考えなければ、いいのだが、これは、おいそれと止められない。
小学生のころをふりかえってみよう、九九の計算方法と漢字を少々覚えたぐらいで
勉強をした覚えはそうなく、そのかわり、遊びは、思いっきり楽しんだ。
「ああ、いつまでもこのままでいたい。中学生になって、あの堅苦しそうな制服を
着せられるのもやだし、高校受験で勉強しなくてはならないのもいやだ。」
そう思って、小学生の自分が、一番、そう思ったものだ。
とにかく、その後、30歳の前半までは、そう思っていたし、そのころの時間の流れは
今考えると、銀色に光っていた。
今の時間の流れは、なにかくすんでしまっていて、、、、、
何を考えているんだろう俺は
世間では、その銀色に輝く時間を「青春」と呼んでいる。

ここまでは、まったく、意味のないことを書いてきた。
意味のあること、それは例えば、終わってしまった、青春をよみがえらせる。
そういうことを考えたり、書いたりすることこそ、意味があることなんだと思う。
あの輝く時の流れをよみがえらすことはできるのか?
それは、できる!
たとえ、50歳になろうと、60歳、70歳になろうと、そういう時は帰ってくる。
その方法は?
それは、夢だけで終わらない、夢を追いかけることだろう。
なあんだと思われるが、それは、簡単なことではない。
とても、力が必要なことだし、自分の経験の先へ、飛んでみる勇気も必要なのだ。
若い時は、ほとんどが経験の向こうなので、飛んで見なくては、できないことだらけ、
それでも、ほとんどの人は、飛ぶ勇気を持ち合わせていずに、とんだ人を見て
うらやましく思っている。
だから、40台50台の人が、飛んでみるのは、本当に勇気がいることなのだ。
しかし、自分の先に飛び込んだ時の時間の流れは、銀色に光っているに違いない。
自分もそういうチャンスを少しずつでも作っていって、飛び込んでみようと思っている。
[PR]
by dragon2anri | 2005-06-15 13:20

自由の国へ

自由の国アメリカ

この国で、日本にいたときのように、人々と
接していると、ある日目が点になってしまう。
そういう経験をした人は、少なくないはずだ
例えば、こんなことがあった。
アパートを借りて、2ヵ月後、家主は、30歳前後の女性で職業は弁護士だった。
彼女はそれまで自分が住んでいた部屋を始めて、他人に貸したので、ちょっと安く貸しすぎたと後悔しだしたのだ。800ドルだったと思う。高く貸すには、俺たちが邪魔になった。そこに、彼女にとってチャンスが来たのだ。正月を忘れていて、家賃の支払いが3日ほど遅れてしまったのだ
それを彼女は裁判所に家賃未納といつわって
訴えでたのだ。本当は、日本の正月の関係で
3日遅れただけなのだが、、、
裁判所からの命令書を持って、払えば裁判はなしといわれ、払ったので、裁判には行かなかったら、1月20日ごろシェリフだと名乗るデブが、いきなり家に来て、出て行けとそれは、大きな態度で怒鳴りまくり始めた。
こっちは何を言ってるのか解らず、とりあえず、今日は無理だといって何とか引き取ってもらい、次の日、裁判所の判事に事情を説明して、退去取り消しの書類をもらって、その
シェリフに見せるとシェリフはそんなもの関係ない’と、むちゃくちゃなことを言い出す。
家主は弁護士であるのに法律なんて無視して
嘘を並べ立てるだけで、とにかく力ずくで
どんな手を使っても追い出すといった姿勢で
本人が嘘をついているのは、こちらは知っているのによく恥ずかしくないもんだとへんな
関心をしてしまうほどだった。
こちらのやり方に正々堂々とか、間違ってるなんて、考えず。始めた喧嘩は何が何でも
何をやっても勝てばよい。そういう国のなのだ。

未だにこういうところは、なじめないし
なじむ気もないので、なるべく裁判に
なるような喧嘩は、売らないよう買わない
ように、気をつけている
[PR]
by dragon2anri | 2005-06-12 17:51

アメリカのポリスの汚さ

アメリカのポリスのやり方を肌身で見ていて、
思うんだけど、あんなに汚いのかと思うとひと
として、恥ずかしくないのだろうかと思ってしまう。
だいたい、アメリカ人というのは、結果主義というか
結果がよければ、内容は何をやってもよしとする
傾向があり、あいた口がふさがらないことが多々
あった。
ポリスのやり方で何が汚いのかに戻ろう。
この町で、この2ヶ月間に3人のヘロインディーラー
が、あげられた。そして、その3人がこの町で1、
2、3番目に大きなディーrz-だったのだ。
いまや、ヘロインの供給が足りずに、町中で
使用者たちが苦しんでいる。
他のドラッグと違って、ヘロインは、きれると
地獄の苦しみが待っているのだ。
なぜいっぺんに3大ディーラーが、あげられた
かというと、ついこないだ、驚愕人生で紹介した。
爺さんが、自分の欲のためにその3人を売った
のだ。そして、今供給が少なく、値段が上がり
爺さん一人しこたまもうけているって訳。
ポリスは、そこに目をつ縫って、何を考えて
いるのだろう。
爺さんに比べたら、先の3人は神様のような
ひとなのに、悪魔にこの町をくわせている。
警察が、悪魔の手先と組んで世の中はよくならない
そして、悪魔からあまーい汁を吸い上げてる奴が
いる。この先を書いていくと命が危ないので
今回はこのぐらいで、、、

[PR]
by dragon2anri | 2005-06-06 18:17

中国人民に告ぐ

中国で、毎週のように、日本人や日本の企業はたまた
驚いたことに日本大使館、領事館で、暴動が起きてい
る。
日本では決して考えられないことだ。
彼らがなぜあんなに怒り来るって暴動まで起きるかというと、60年以上前に日本が中国を支配して、たくさんの中国人を虐待したからだという。
この様子をテレビで見ていて、これに似たことがあった
のを、思いだした。
半年間ほどハワイ大学に通っていたことがある。
そのクラスには、主にアジアの人たちが、いたるところから来ていて、もちろん中国人もいた。
ある日、20ぐらいの男の子が、「俺は、’日本人が大嫌いだ、同じ部屋にいるのもいやだ。これは俺だけじゃなく、全中国人がそう思っているんだ。」
クラス中ぶったまげた。
何でそんなに日本人が嫌いなのか聞いてみたら、
60年前のことを話し出した。
きっと、叔父さんかおじいさんが、日本人に殺されたのだろうそう思って聞いてみると、誰も自分の肉親は殺されてない。そう答えるので、それじゃあどうして、、、
そう誰もが思ってしまう。
そのクラスには、俺を含めて、3人の日本人がいたが
みんな、訳がわからないながら、そこにいずらいきがした。そんな、重たい空気を、救ったのが、ベトナムから来たやつらだった。彼らは、男の子が3人女の子が5人という人数も手伝ってか、
「ちょっと待て、それじゃあ、中国が、何百年もベトナムを支配していた時中国人はベトナム人に対してひどいことはしなかったのか?」8人のベトナム人が見つめる中、その中国人は全くばかな答えをした’
「それは、昔のことだろ。俺が生まれる前のことなんか言われたって、どうしょもない。」
「それじゃあ日本人だって同じじゃないか、60年も前って言ったら、お前が生まれる前のことだろ?お前は、
自分が生まれる前のことを怒ってたんじゃあないのか
そうだろう。」中国人の男は、力なく座って、それで
も怒りで体を震わせていた。

日本人が行ったという、大量殺戮や、人体実験は、
戦争があれば、たいてい行われてきたことで、それを
世代を超えて、怒りを持続させている中国になにか、
とても不気味なものを感じているのは俺だけだろうか?

だいたい、日本で、中国大使館を取り囲んで、透析でガラスを割ったとする。
日本の警察は、そこに集まったぜ委員を逮捕して、
2度と、暴徒が中国大使館にちかずけないようにするだろう。それが中国警察は、あの天安門の時は、人々に
発砲して、たくさんの中国人が死んだが、今回は、
なんともやる気がなさそうに、というかまるで、そこに
集まった人たちを見守っていたような感じだった。
政府人民を上げての日本たたきをして、中国の民たちよ
いったい本当はなにがやりたいのか?

[PR]
by dragon2anri | 2005-06-02 20:55